弁護士紹介

笠原徳之笠原徳之(かさはらやすゆき)

経歴

昭和48年  宮城県柴田郡川崎町生まれ

平成4年  私立市川高等学校(千葉県)卒業

平成9年  早稲田大学法学部卒業

平成16年  早稲田大学大学院法学研究科(民事法学商法専修)修了・法学修士

平成19年  首都大学東京法科大学院修了

平成19年  司法試験合格,司法研修所入所

平成20年  弁護士登録

平成21年   弁護士法人けやき総合法律事務所(熊谷)にて執務

平成25年3月 弁護士法人けやき総合法律事務所を退職し独立

平成25年4月 東松山総合法律事務所にて執務

平成29年4月 埼玉弁護士会副会長に就任

現在に至る。

これまでの実績

国家賠償請求訴訟(捜査官の取調べの違法に関する事件)、障害者自立支援法違憲訴訟、派遣切り訴訟、原子力損害賠償紛争解決センターに対する調停申立事件、破産管財人(法人及び個人)、個人再生、破産申立及び債務整理多数、会社非訟事件(少数派株主の株式買取に関する株価算定)、手形訴訟事件、交通事故事件多数、運転免許取消処分に対する異議申立て事件(死亡事故による免許取消処分を免許停止処分とする。)、刑事裁判への被害者参加申立て事件、損害賠償命令申立て事件、労働審判申立て多数、証拠保全(タイムカード等)、相続関係(遺留分減殺請求、遺産分割調停及び審判、相続限定承認申立て事件、公正証書遺言作成)多数、代表者死亡による法人の特別代理人就任、代表者成年被後見による一時取締役就任、成年後見、相続財産管理、医療過誤事件、刑事事件、少年事件、その他講演活動(病院において、医療過誤訴訟に関する講義など)。

専門分野

専門に特化しないが、大学院において会社法の研究室に所属して学位を取得した関係から、会社法を絡めた紛争の解決は得意分野である。

その他、埼玉医療問題弁護団に所属し、医療過誤事件は、患者側で受任している。

所属団体

自由法曹団

埼玉医療問題弁護団(事務局)

埼玉労働弁護団

公益活動等

埼玉弁護士会犯罪被害者委員会等

著作

[メディカ出版]ナーシングビジネス2011年夏季増刊『事例で学ぶ 病棟マネジメントに役立つ法律・制度の基礎知識 厳選32』執筆及び法律監修

医療生協「暴言・暴力対策マニュアル」(主にセクハラ事案担当)

趣味・座右の銘

趣味:落語をはじめとする古典芸能鑑賞、料理(主にイタリアン)、食べ歩き、ドライブ。

座右の銘:古之得道者 窮亦楽 通亦楽 所楽非窮通也

一言

「あれ?風邪を引いたかな?」と思えば医者にかかりますね。

それと同じで、「あれおかしいな?」とか、「こんなことが不安だな・・・」と思ったら、お早めに事務所にご連絡下さい。

トップへ戻るトップへ戻る

瀬戸一哉瀬戸一哉(せとかずや)

経歴

昭和56年9月  宮城県仙台市生まれ

平成12年3月  私立渋谷教育学園幕張高等学校(千葉県)卒業

平成16年3月  法政大学法学部法律学科卒業

平成18年3月  法政大学法科大学院修了

平成20年9月  司法試験合格

平成21年12月  弁護士登録

弁護士法人みずほ中央法律事務所,むさしの総合法律事務所にて勤務を経て,現在に至る。

これまでの実績

刑事事件多数(現住建造物等放火・殺人未遂、強盗致傷などの裁判員裁判対象事件(裁判員裁判1件担当)、窃盗、傷害、詐欺、恐喝、横領など、強制わいせつ・痴漢などの性犯罪、など)

行政事件(強制退去処分取消訴訟、運転免許取消処分取消訴訟)

医療過誤、介護施設における転倒、交通事故などの損害賠償請求事件

離婚、遺産分割等の家事事件、多数

破産申立などの債務整理事件、多数

破産管財事件、相続財産管理事件、その他

専門分野

専門分野に特化することなく幅広く取り扱っていますが、医療問題弁護団に所属しているため医療過誤事件などが特徴的な取扱分野となります。

所属団体

医療問題弁護団、原発被害救済弁護団(埼玉)

公益活動等

埼玉弁護士会人権擁護委員会委員

埼玉弁護士会憲法委員会委員

埼玉弁護士会刑事司法改革問題対策特別委員会委員

平成24年度埼玉弁護士会調査委員会委員

平成24年度埼玉弁護士会裁判員制度検討協議会委員、他

著作

法政法科大学院紀要1「第一回模擬裁判―強盗か恐喝か-」(平成17年5月)

埼玉弁護士会会報「新防衛大綱について」(平成23年8月)

趣味

趣味:野球(埼玉弁護士会野球部所属)、旅行・ドライブ

好きな言葉

「どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。 」(松下幸之助(松下電 器産業創業者))

一言

一人で悩みを抱えていませんか。一人で悩んでいても先に進めないことは少なくありません。まずはご相談ください。

トップへ戻るトップへ戻る

五十川剛俊五十川剛俊(いそかわたけとし)

経歴

埼玉県川越市出身

私立京華中学・高等学校(東京都)卒業

早稲田大学社会科学部卒業

中央大学法科大学院修了

岩佐法律事務所(熊谷)を経て現在に至る。

これまでの実績

刑事事件多数(裁判員事件含む)。

民事事件多数(離婚、遺産分割、労働事件、交通事故、破産、民事再生等)

公益活動等

刑事弁護センター運営委員会委員

熊谷支部刑事弁護センター運営委員会副委員長

埼玉弁護士会刑事司法改革問題対策特別委員会委員

原発被害救済弁護団(埼玉)所属

認知症とあゆむ熊谷家族の会会員

平成24年度埼玉弁護士会裁判員制度検討協議会委員

趣味

スポーツジムでひたすら走る。

目標

自由、平等及び社会正義の実現。マラソンタイムの短縮化。

好きな言葉

「天下の人の与に陰涼とならん(「臨済録」)」

禅者の厳しい修行も、最後は天下の大樹となって、多くの人のために涼しい憩いの場を伝えるためのものである。人生の苦悩の直射をさえぎり、心に安らぎの「陰涼」を与えるためである。

一言

人は一人で悩みや問題を抱えたとき、そのことで頭が一杯になり、どんどん追い詰められていくものです。

自分の力で何とか解決できるのではないか?

弁護士に相談するまでもないのではないか?

弁護士に相談すると大事になったりしないか?

一人で悩み苦しむ前に、早く相談してください。弁護士に相談するだけで解決することもあります。事件を依頼するか否かは相談後にゆっくり考えれば十分です。

無駄に苦しむことがないように、まずは、お気軽に相談してください。

弁護士と一緒に解決策を考えましょう。

トップへ戻るトップへ戻る